お客様との絆、仲間の絆が成長の糧

電力本部
変電工事部
工事第2グループ

Nakayama Junichi中山 純一

2008年入社

シーテックに入社した理由は?

地元の愛知県をはじめとした中部圏で強電設備に関わる仕事に携わりたいとの思いがあり、大学・大学院で学んだ「電気電子工学」の知識が活かせる仕事であると思いでシーテックを志望しました。

現在はどのような仕事をしている?

作業準備から開始・作業中の監督・完工までの全般に関わる内容を担当し、主な職務は、施工計画に基づく資機材や作業員の手配、作業員の安全に対する意識の向上を図るための乗り込み教育、施工書に基づいた作業が行われているかを確認する品質管理業務等を行います。
常に働きやすい環境作りを目指し日々、教育・指導に取り組んでいます。

仕事のやりがいや仕事上の苦労話

やりがいを感じるときは、取替等の工事が終わって変電所の設備が正しく稼働した時。
稼働時に、電気が通っている状態を示す、機器特有の音である「ブーン」という音を聞いた際には、緊張感をもってやってきた仕事だけに、安堵感と喜びがあります。

苦労話としては、建設工事にともなって工事車両の出入りによる騒音や振動で、近隣住民の方にご迷惑になる事があります。対策として、着工前に事前のおことわりやお願いを徹底しています。予め工事による騒音や振動に配慮し、近隣の方が不満をもつことのないように努めています。近隣の方との日頃にコミュニケーションによって、事前に情報を頂いて配慮するようにしています。

シーテックに入社してよかったなと思う事

先輩や同期も仲の良い関係で明るい職場で、自分の興味を活かす強電設備の工事業務を行うことができます。

学生へのメッセージ

会社に入ってみると、見た目とのギャップはどの職場でもあると思います。
そこで、まずは「やってみる」ことが大切で、自分の想いや情熱・根気をつよくもって仕事をしていくと、自分の中に余裕が生まれます。仕事は、きつい事も多いが、自分なりのやり方を見つけると、自然と「やりがい」も出てくるので、まずは「やってみる」ことを心掛けて欲しいです。

とある1日のスケジュール

8:20
出社
現場へ直接出社します。
8:30
打ち合わせ
作業前のミーティングを15分ほど行います。
9:00
作業開始
12:00
昼食
13:00
作業打ち合わせ
(週ごとに工程打ち合わせをする。)作業監督
17:00
作業終了
17:00
報告書の作成
一日の作業内容の確認と作業報告書の作成をします。
18:00
退社
現場から直接退社します。
PICK UP INTERVIEW
電力本部 2017新卒 高橋 直也
リクナビ2020年 新卒採用
ENTRY

詳しく見る