お客様との絆、仲間の絆が成長の糧

再生可能エネルギー事業本部
風力発電部
三重発電管理所

Sakamoto koji坂本 幸治

2012年入社

現在はどのような仕事をしていますか?

自社で運営している三重県青山高原にあるウインドパーク笠取の保守業務を担当しています。
業務内容としては、設備の点検・補修の計画、業者の発注と現場責任者との打ち合わせ、作業管理業務、風車故障の際の自社での修理業務などがあります。

後輩への教育はどのようなことをしていますか?

風力発電所は現場が地上から50メーターくらいの高い場所で作業を行う上、電気を扱うので常に危険が伴います。どこが危険なのか、何をしたら危険なのかということを重点的に教えています。ある程度それがわかってきたら実際の業務を一緒に行っています。

この仕事のやりがいは?

風力発電所は海外製の設備が多く施工方法や保守方法が確立されていないことがあるため、自分たちで試行錯誤しながらより良い方法を見つけていかないといけません。その工夫の中で利益の上がる方法を見つけることにやりがいを感じます。

仕事を通じて自分のどんなところが成長した?

風車内の部品の交換は特殊な部品、特殊な工法で交換を行うことがあり、交換手順書がなかったり、手順書の通りに進めることが出来ないことが多いです。現場に行って実際にものをみて触ってそこからでてくる疑問点をいろんな文献を見て調べるというやり方で日々勉強しています。また、メーカーと事前打ち合わせをして準備することでより自分で考える力がつきました。将来は、電気主任技術者の資格を取得し、自社設備の保安監督業務に携わりたいです。

シーテックの好きなところ、楽しいところは?

再生可能エネルギー事業部は新しい部署なため、自分の意見が通りやすくよりよくしようと思えばどんどん改善していけるところは大きな魅力だと思います。
また、協力会社さん含めみんなで飲みに行ったり遊びに行ったりすることもあります。年齢層は20代後半から30代前半が多く、年が近いので仲良くしやすいです。 福利厚生としては、カフェテリアプランで年間5万円相当の補助をもらっています。有給は取りやすく、高い頻度で取っているのでプライベートも充実させやすいです。

新卒の方に向けてのアドバイスとメッセージ

自分自身で物事を考えて改善していける人はどの部署でも重宝されると思います。特に、今の部署では試行錯誤を繰り返して仕事を覚えたり、仕事のやり方を自分から発信することが多いので、考えて行動に移せるような人が向いていると思います。やりたい仕事、なりたい自分を見据えて就職活動を頑張ってください。

とある1日のスケジュール

8:20
出社
メールチェック
8:30
現場へ移動
担当風力サイトへむけて出発
9:00
打合せ
今日の作業内容・施工体制(複数風車で作業の場合)について打合せ
9:10
昼風車内作業の作業管理業務(作業立会い他)
12:00
昼食
13:00
作業再開
風車変圧器の点検、双眼鏡で外観の観察、協力会社との施工体制・作業内容の確認、風車まわりで動物が事故を起こしていないか安全確認、パソコンで風車の状態を確認、変電所の確認、風車に使用している油脂が漏れていないかチェック点検だけだと1日2機ずつ回る。
風車は頻繁に壊れる。
(基本的には風車内に一度入ってしまうとお昼ご飯以外の時間は風車内で作業をし続ける)
17:00
作業終了
17:30
車で帰社
メールチェック
18:00
退社
PICK UP INTERVIEW
電力本部 2017新卒 高橋 直也
リクナビ2020年 新卒採用
ENTRY

詳しく見る