土木コンサルタント技術

斜面崩壊危険度予測Consultant technology

豪雨時の斜面崩壊危険度予測

豪雨により斜面が崩壊する時刻や形状、崩壊の危険度が高い面の推定を精密に行う「豪雨時の斜面崩壊危険度予測」を開発しました。
斜面の安定性評価から対策の立案まで一貫したサポートで、電力設備への被害を未然に防止します。

豪雨時の斜面崩壊危険度予測の特徴

1
斜面の崩壊する時刻や形状を精度よく得ることが可能
2
最も危険なすべり面を推定することが可能
飽和-不飽和浸透流解析/斜面安定解析
降雨強度(R)

降雨時の地盤の浸透流解析(飽和-不飽和)を実施し、その水圧分布を剛塑性FEMに取り込み、斜面安定解析を実施することで、豪雨時の斜面の安定性評価を行うことができます。さらに、斜面の安定性評価の結果を元に、斜面崩壊の対策工法の検討ができます。

解析例

降雨強度の違いにより斜面内の水の飽和度分布に差が生じ、斜面の崩壊する時刻や形状が異なることがわかります。
(降雨強度が大きいほど、斜面崩壊までの時間が短い)

解析モデル

解析に用いたパラメータ

条件 設定値
斜面角度(α) 45°
粘着力(c) 0.5kN/m2
内部摩擦角(φ) 24°
降雨強度(R) 20, 50, 100mm/h
特徴

安全率の経時変化

斜面崩壊に至るまでの時間

お問い合わせ

土木コンサルタント技術に関するお問い合わせは、
こちらへお気軽にご連絡ください

PAGE TOP