塗装技術

送電鉄塔塗装における
無飛散ネット工法Painting technology

送電鉄塔塗装における
無飛散ネット工法

近年、住宅密集地や交通道路の拡大、さらには地域住民の環境問題への関心の高まりなど、
送電鉄塔を取り巻く環境が変化するなか、不織布を挟み込んだ3層構造の飛散養生ネット「こぼさネット」を用いて、
塗料を飛散させることなく、電力会社などの送電鉄塔を高品質に塗装します。

送電鉄塔塗装における
無飛散ネット工法の特徴

1
ネットと不織布から構成する無飛散養生ネット「こぼさネット」により、塗料の飛散を防ぎ、トラブルリスクの軽減を図ります。
2
「こぼさネット」は風のみを通すフィルター構造で、従来の飛散防止シートより風の影響を軽減できます。
3
地上付着防護や二重ネットの設置に要する労力の軽減を図ります。
施工風景
送電鉄塔塗装01
送電鉄塔塗装02

「こぼさネット」の構造

塗料を一切こぼすことなく、瞬時に「こぼさネット」が塗料を吸着
構造図
作業風景

「こぼさネット」の仕様

多様な「鉄塔環境」に最適なサイズ・仕様で製作できます。

連結部がから塗料が飛散しないようかぶせ式(ベロ付き)
かぶせ式

かぶせ式

代表サイズ
代表サイズ

無飛散ネット仕様

本体重量 ネット130g/m2×2枚+不織布30g/m2 + 縫い合わせ136g/m2=426g/m2
ベロ重量 49g/m
ベロ寸法 49g/m

「こぼさネット」の施工事例

特徴

通常使用時

通常使用時

塔体外側に風の透過性の良いグリーンネットを設置することで、「こぼさネット」の膨らみを抑制し、送電線への接触を防ぎます。
作業終了後、こぼさネットをカーテン上に開閉し、固縛することにより、労力・作業時間の削減を図ります。

全面養生

全面養生

塗料の飛散など作業環境下に影響を及ぼすことなく、塗装を実施します。

作業場の粉じん対策

作業場の粉じん対策

作業場の粉じん対策として、集塵装置を設置することで、作業環境改善を図ります。

お問い合わせ

塗装技術に関するお問い合わせは、
こちらへお気軽にご連絡ください

PAGE TOP