受変電技術

高機能汎用型
デジタルリレー(IED)Cable restraint method

国際規格IECに準拠したIEDを用いた
保護・制御装置

世界的に国際規格IECに準拠した保護・制御ユニットIED(Intelligent Electronics Device)が標準的に採用され、
国内においてもIED導入に向けた検討が進められています。IEDは汎用性が高く、
小型化と低コスト化が図れるため、今後採用が大きく進展すると予想されます。
シーテックは早くからロジック回路の設計を手掛け、受電回線自動切替装置や機器保護装置を開発しました。

保護・制御ユニットIED
GE製IED

GE製IED

従来の保護制御盤 → IED保護制御盤

従来の保護制御盤 → IED保護制御盤

IEDの主な特徴

1
IEDは、保護・制御・計測・記録・通信などの保護リレー機能を1つのユニットに搭載できる、機能性と柔軟性に優れた装置です。
2
お客さまがそれぞれの機能を用途に応じてセッティングして利用できるよう、高度に汎用化されています。
IEDの主な特徴

IEDは多機能で柔軟性に富んだ保護機能・制御機能・計測機能・記録機能・通信機能を一体化した装置で、お客さまがそれぞれの機能を用途に応じてセッティングして利用できるよう、高度に汎用化されています。

基本情報と機能

IED基本情報

低コスト・短納期

  • ・部品の汎用化・量産化により低価格かつ短納期です。
  • ・保護制御装置の設計・製作面において、効率化を図れます。

多機能化

  • ・各機能のアプリケーション化により、一つのユニットに複数の保護リレー機能を内蔵し、ユーザーにより保護・制御シーケンスを自由にカスタマイズできます。多機能化により、ユーザーのあらゆるニーズに柔軟に対応できます。
  • ・シーケンスが変更になった場合でも、ソフトウェアの書き換えで対応できます。

信頼性

  • ・配電盤に実装された補助リレーやタイマーをソフトシーケンスに組み込むため、機械的な部品点数を大幅に削減できるほか、部品点数の削減により故障率が極めて低い、信頼性の高い装置を構築できます。

IEC61850 国際規格対応

  • ・標準規格のネットワークプロトコルを採用することで、プロトコルに準拠した端末装置であれば容易に接続できるほか、既設端末の置き換えも容易に行えます。オープンな標準プロトコルを使用することで、設備増設費やメンテナンス費を軽減できます。

長期保証

  • ・IEDはその品質の高さから長期保証が付いています。(修理対応期間はメーカーにより10年、または5年)

IEDの主な機能等

計測機能

  • ⇒主回路の電圧・電流などの常時計測表示する数値や過去の最大値・最小値などを確認できます。

記録機能

  • ⇒装置内に動作記録や故障記録を保存することができます。
  • ⇒リレーが動作した際に、内部に記録した事故様相(電圧、電流、周波数等)をオシログラフ機能で表示し、解析できます。

通信機能

  • ⇒多様な通信プロトコル規格に対応しています。
  • ⇒主要製品はRS232/RS485ポート、Ethernetポートを装備しています。

監視制御機能

  • ⇒PLC(シーケンサー)機能とネットワーク伝送機能を有します。

モジュール化

  • ⇒標準化されたモジュールで構成されており、万が一、装置が故障した場合は、モジュールの交換で早期に復旧できます。
監視・制御

監視・制御

モジュール構成

GE社製IEDの主力機種であるURシリーズは標準化された6種類のモジュールで構成されています。 IEDが故障した場合でも故障したモジュールだけの交換が可能です。ユニットの全交換は不要のため配線を外す等の作業が省け時間短縮ができます。

モジュール構成

多機能化

  • ⇒アプリケーションソフトにより、保護・制御・計測・記録・通信などの保護リレー機能を一つのユニットに内蔵し、装置の多機能化を図れます。
セッティング

セッティング

変電所システム

変電所システム

お問い合わせ

受変電技術に関するお問い合わせは、
こちらへお気軽にご連絡ください

PAGE TOP