地中送電技術Underground power line

地中送電とは?

安全・確実に電気を送ることができる

発電所から需要地への電気の道、それが送電線や配電線です。一般的に送電線とは、鉄塔に張った電線や地中に埋設したケーブルで数万ボルト以上の電気を送る設備です。このうち、地中送電は、都市中心部や人口密集地など、新たに架空送電を建てることが難しい地域で、地下に施設された管路や洞道に電力ケーブルを収容し、需要地まで電気を送る送電方式です。暴風雨や雪などの自然現象の影響を受けることなく、安全・確実に電気を送ることができます。シーテックは、地中送電の調査・設計、建設を一貫して施工するとともに、日々のメンテナンスを通じて、設備の維持管理もサポートしています。

お問い合わせ

地中送電技術に関するお問い合わせは、
こちらへお気軽にご連絡ください

PAGE TOP