架空送電技術

TPU工法TPU method

電線を取付けたまま鉄塔を
高上げする工法

市街地や山間部で工事敷地を確保することなく、電線地上高の確保を実現する工法です。
電線を取付けたまま高上げすることにより、線路停止時間の短縮にも貢献できる工法です。

TPU工法の特徴

1
平地・山地を問わず片継脚のある鉄塔への適用が可能です。
2
電力線・地線を取り付けたまま、活線状態での高上げが可能です。
3
既設の鉄塔、鉄塔基礎を有効利用できます。
4
鉄塔敷地の用地買い増しが不要な工法です。

TPU工法の装置

TPU工法の装置図
TPU工法の装置写真

TPU工法の作業フローと適用条件

TPU高上げステップ図(例)

TPU高上げステップ図

適用条件

設計条件 TPU工法
鉄塔規模 154kV以下・4回線以下
荷重径間 300m程度
せり上げ可能垂直荷重 32t(CT36)/45t(CT45)
許容水平角度 0~3°
鉄塔根開き 4m以上
片継ぎ鉄塔適用 施工可
基礎工事 既設基礎裕度内は不要
高上げ量 10m程度
作業効率(せり上げ) 3日/10m

お問い合わせ

架空送電技術に関するお問い合わせは、
こちらへお気軽にご連絡ください

PAGE TOP