塗装技術

送電鉄塔塗装における
1種ケレン工法Painting technology

送電鉄塔塗装における
1種ケレン工法

現在、送電鉄塔の塗装は手工具による3種ケレンや電動工具による2種ケレンが標準であるなか、
片手で作業可能な吸引式ブラストを用いた「スカイブラスト工法」により、鉄塔上部で高品質な1種ケレンを実施します。
不織布を挟み込んだ三層構造で塗料の飛散を防止する「こぼさネット」と併用することで、あらゆる作業環境下において、
環境に配慮した高品質な1種ケレンを行います。

送電鉄塔での1種ケレン工法
「スカイブラスト工法」の特徴

1
片手で使える軽量な吸引式ブラストを使用するため、大掛かりな設備(足場や機械)が必要ありません。
2
研掃材の強弱が調整しやすく、容易にメンテナンスできます。
3
不織布を挟み込んだ三層構造で塗料の飛散を防止する「こぼさネット」と併用することで、あらゆる作業環境下においても、環境に配慮した施工を行います。
ブラスト工具
こぼさネット

ブラスト工法事例

狭隘部・ボルト周辺の錆、旧塗膜をきれいに除去

事例01
事例02

お問い合わせ

塗装技術に関するお問い合わせは、
こちらへお気軽にご連絡ください

PAGE TOP