地中送電技術

ケーブル拘束装置及び
ケーブル拘束方法Cable restraint method

ケーブルが波乗り現象により引き込まれる側に
ケーブルを拘束する装置および拘束方法

波乗り現象により、車道下の埋設管路に布設された地中ケーブルが車の進行方向に移動します。
波乗り現象によるケーブルの移動に対抗して、ケーブルが引き込まれる側のマンホールにクリートを取付けたフレームを設置し、
ケーブルの引き込まれを防止します。

ケーブル拘束装置およびケーブル拘束方法の特徴

1
ケーブルの傾きを現場で調整できケーブルにフィットします。(品質性向上)
2
傾きの調整機能により個別設計が必要ありません。(汎用性向上)
3
コンパクトで簡単に組み立てできます。(施工性向上)
ケーブル拘束装置

ケーブル拘束装置およびケーブル拘束方法の仕様

スプリング式アルミクリート

スプリング式アルミクリート

フレーム

フレーム

ロッド(傾き調整部)

ロッド(傾き調整部)

・ゴムスペーサーにより各ケーブルサイズに適合
・スプリング式で把持による損傷防止

ケーブル拘束装置及びケーブル拘束方法

マンホールにおける波乗り現象

ケーブル拘束装置図

波乗り現象(車道下の埋設管路に布設された地中ケーブルが車の進行方向に移動する現象)によりケーブルが引き込まれる側のマンホールに、クリートを取付けたフレームを設置し、ケーブルの引き込まれを防止します。

お問い合わせ

地中送電技術に関するお問い合わせは、
こちらへお気軽にご連絡ください

PAGE TOP