水力発電技術

新形状の小口径鋼管継手

施工性に優れ、繰り返しの分解・組立後も
シール性能を確保できる新形状の小口径鋼管継手

これまでの鋼管継手は施工性が悪く、分解点検後に漏油が発生するなど、信頼性に問題を抱えていました。
施工性に優れ、繰り返しの分解・組立後もシール性能を確保できる新形状の小口径鋼管継手を開発しました。

従来の銅管継手

フレア式
フレア式

・金属の塑性変形を利用した金属シール
・繰り返し分解組立すると漏油が発生
・フレア作成には専用工具が必要

食い込み式
食い込み式

・金属の塑性変形を利用した金属シール
・繰り返し分解組立すると漏油が発生
・フレア作成には専用工具が必要

ファイバーパッキン式
ファイバーパッキン式

・バーナー等の工具が必要
・銀ロウ付けに高度な技術が必要

新形状鋼管継手の特徴

1
専用工具が不要で、組立も簡単(施工性向上)
2
Oリングでシールする構造(信頼性向上)
3
分解時や漏油発生時はOリングを交換するだけで、シール性能を回復(保守性向上)

新形状鋼管継手の構成部品

継手本体、Oリング(NBR)、Oリングホルダー、ナットから構成されます。

新形状鋼管継手の組立手順

継手本体、Oリング(NBR)、Oリングホルダー、ナットから専用工具を用いることなく、簡単に組み立て可能です。

  • 挿 入

    継手本体にOリングを挿入する。
    (写真:0リング挿入状態)

  • セット

    Oリングホルダーの向きを確認し、継手本体にセットする。

  • 完 成

    ナットを軽く廻し入れ、銅管を奥まで挿入する。ナットをネジ山が見えなくなるまで締め込み、継手完成。

お問い合わせ

水力発電技術に関するお問い合わせは、
こちらへお気軽にご連絡ください

PAGE TOP